おはよう台湾

おはようから台湾まで

やさしさと愛

同居人と喧嘩にまで至らないような下らない喧嘩をすることが多いです。

なぜこのように表現するかというと、同居人は喧嘩するつもりは無いから。そしてわたしも喧嘩を吹っ掛けたり挑発に乗ってしまっても、一通り憤れば鎮火していまうから。

 

心の余裕が無いのでしょうね。心の余裕、彼と暮らし始めてから殆ど感じたこと無いかもしれません。

 

度重なる引っ越しや不安定な生活は、「安心出来る場所と人」という概念を揺らがせてしまいました。

そりゃあ、まったくの他人に比べれば彼との生活はいつも安心があります。でも、家族と家に居るような時のような安心感はありません。

 

数週間前、どうも精神状態がよろしくなく、自分の部屋が全くの他人の部屋に思えて怖くなってしまいました。

数か月かけて、自分の物をこの部屋にちりばめ埋めて配置したはずなのに、全部借り物のように思えてしまったんです。その時に「ああ、わたしはこの部屋にこの家に安心できてないんだ」と知ってしまいました。

 

安らげる場所と人が居ないのかもしれません。

 

同居人の彼とはもう長い付き合いですが、最近彼の口からは「正常な家族のような関係」「お父さんとお母さんと子供がいる家庭のような感じ」という表現がよく出ます。

これが彼が位置づけるわたしとの関係だそうです。(彼には子供がいます。)

 

しかし、もし日本に帰ってしまえば簡単に終わってしまう関係ですし、書類上の契約が一切ない状態で「家族ごっこ」をしているに過ぎないわけです。

関係の足元が不安定なまま、その上に信頼とか信用とか思い出をむやみに積み上げて行っているように思えて、この脆弱な足元が崩れる時にわたしの居場所は無くなってしまうんじゃないかと。

 

そうして、この人と安心できる関係を作りたいと思うようになりました。

そのために、わたしたちはあえて別の道を歩むことも必要だなと考えています。

 

ここ数年間ずっと一緒に仕事をしてきました。毎日毎日休みなく余裕なく、衝突は一日に数えきれないほどありました。怒鳴り合い噛みつき合い、お互いに疲弊し、それでもなんとかしなければと、一緒に灯りのない迷路を彷徨っている状態でした。

 

そして、いまわたしは彼との仕事時間を最低限にして、いっそ自分で自分が納得して出来る仕事を探すことに決めました。

生活は今のところ基本的には一緒に過ごしますし、ほぼ24時間お互いが見える位置にいます。

でもわたしたちはもうお互いの仕事に大きく関わり合うことはしないし(人手が足りない時だけはヘルプで一緒に仕事したりします)、こうすることでお互いの仕事を尊重出来るのではないか?と考えます。

 

一緒に仕事をしていたときは、生活も仕事も全て一緒にやらなければならなくて、生活と仕事の境目をつけることが出来ずに苦しみました。でも、ええいままよ、と今までずっと一緒にやっていた仕事への接触を減らすと、生活がパリッと糊が利いたように変わったように思います。

 

とりあえず、この方法でやっていこうと思います。まず、安心出来る関係と場所づくりを。

今日は同居人との新しい生活と関係へ向けての宣誓文のような、そういうものを書きました。